★大丈夫‼あなただけじゃないよ★

現代増えつつある
・自律神経失調症
・パニック症
・うつ
・不安障害 などの
精神疾患を経験して、私の実体験や現在回復までの道のりについて。

また、私自身のこれからの健康管理に向けて様々なチャレンジをしたり、
生活に関するお話をしているブログです。

(2)自律神経失調症について

スポンサーリンク

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経がありそのバランスが崩れることによって体に不調が起こる症状です。

交感神経・・・昼間の活動時に働く神経。緊張や興奮した時に汗を出したり、心臓のドキドキ感がある状態。

副交感神経・・・夜の睡眠時やリラックス時に働く神経。眠くなったり、心と体が休んでいる状態。

乗り物でたとえると、交感神経はアクセル・副交感神経はブレーキみたいな感じです。

私の身体的症状としては常に、

めまい・頭痛・吐き気・嘔吐・眼精疲労(目の異常な渇きや、ズキズキする痛み)・耳鳴り・口の痙攣・全体的な体のこり・首・肩・手・鎖骨(縮まって固まっている感じ)・背中痛(左肩甲骨の下あたりの中のほうが凝っているような頑固な疲労感)・胸痛・動悸・息切れ・呼吸がしづらい・食欲不振・胃痛・腹痛・腰痛・便秘・下痢・膨満感・疲労感・立ちくらみ・冷え・のぼせ・寒気・不眠

精神的症状としては、

イライラ・悲しさ・落ち込み・不安・やる気が出ない・憂鬱・情緒不安定・焦りなどが表れていました。

症状としては人それぞれで他にも、震え・肌荒れ・じんましん・しびれ・などがあるそうです。

一番初めの症状としては、朝起床するときに腰痛があり、起き上がるのが辛いのでおかしいなぁ~と思うことがありました。パニック発作を併発していたのかと思いますが、仕事の休憩中には何だか体の力が抜けないような感じがあり、また食事を取ろうとすると気が遠くなるような症状もありました。

気になっていたのは、背中の左側の肩甲骨の下(内側)に鈍痛があり、肩回しをしても全然痛みが取れず、身体に起こる症状がストレスで本当にしんどかったです。

                                     momotaro-

コメント

タイトルとURLをコピーしました