★大丈夫‼あなただけじゃないよ★

現代増えつつある
・自律神経失調症
・パニック症
・うつ
・不安障害 などの
精神疾患を経験して、私の実体験や現在回復までの道のりについて。

また、私自身のこれからの健康管理に向けて様々なチャレンジをしたり、
生活に関するお話をしているブログです。

(23)体調不良時代のmomotaro-の1日

スポンサーリンク

こんにちは!(^^)!

momotaro-です☆

今回は、私が体調不良だった時の一日についてお話したいと思います。

2019年12月ごろから現れてきた身体の不調から、1月・2月は自律神経失調症状とパニック発作はあったものの、何とか体は動かせてはいました。
しかし、3月には日常生活が送れないほどの更に強い身体症状に悩まされてしまいました。

その時の一日は、とにかく起きれない_(:3 」∠)_といった表現が一番適していました。

静かな部屋で、とにかく横になっていました。

テレビの音も雑音で頭が痛くなるし、部屋の電気は光がまぶしいし、すべてが私の身体にとって邪魔でしかなかったのです。

起きていて暇を感じる時は、携帯にイヤフォンを付けてYouTubeの音声だけを聞くことはできました。何かを聞き流していると、知らないうちに寝ていました。

携帯画面のスクロールで目が回ってしまっていたのです📱(@_@;)

朝になっても身体が起こせません。

まるで抜け殻状態。

本当に!最低限トイレに立ち上がるぐらいの一日でした。

気持ち悪いから食べることもできない。食べる気力も沸いてこない。

胃腸の機能も弱っているから少し食べても気持ち悪い。吐き気も辛い。

身体を起こすとふぅ~っと力が入らなくなって、1分ぐらいでまた横になりたくなる。

とにかく身体を起こしていることが出来ませんでした。

数日経ってきたころ、何だかお腹が空いた感覚が出てきました。

朝、身体を起こしてみて、目の前にあった食パンをちぎって食べることが出来ました。

でも、食べたらまた横になる。

の繰り返しでした。

とにかく休むことしかできませんでした。

今このような状況の方は、休める環境があったらゆっくり休むことに専念してみて欲しいです。

このような症状が出ているときって、休みという時間を貰っていても、だいたい自律神経が失調しているので、交感神経が過剰になっています。

なので、周りからは時間的には一日中寝ているように見えていても、実際のところ本人の身体では脳が休んでいなかったり、身体の回復が上手く出来ていないので実質ずーっと頭も身体も起きているということなのです。

普通に考えて恐ろしくないですか??

私たち人間はロボットじゃないですからね!!( ・´ー・`)

自律神経失調症状は寝ているだけでも、あっちこっち日によって違うところに不調が出てくるし、ただの風邪と違うのでとても不安にもなりますよね。

それと毎日戦っていると、心身共に本当に疲れちゃうのは誰でも当たり前です。

虚しくだってなります。

こういう時期は、正直薬にだって頼りたくなります。

この状態から、どうにかして欲しくて。

この時の私は薬に頼りつつ、とにかく休むことしか出来ませんでした。

なので、この症状が出ている時期は、休むことがあなたの仕事です!!

ハッキリ言いますと、自律神経失調症やうつ病・パニック障害って、徐々に良くなっていくもので風邪とは違い、明日から急に「やった~もう元気元気ヽ(^o^)丿」とはなりません。

私も良くなったら落ちて、また「お!3日間調子良いじゃん!」「これ治ったんじゃない?(^^)v」と思ったらズド~ンと落ちての繰り返しで、まさに過酷な峠越えでした。

今でも天気や気温の変化に左右されることもありますが、初期に比べると毎日御飯も自炊して食べることもできるようになりましたし、外に出ることもできるようになりました。(犬の散歩など)
日中も眠くなる日はあっても、怠さもあまりなく何とか起きていられます。

大きな山に登り切ったときに見える景色は、今までに見たことのない素晴らしい世界と、自分に負けないで頑張ってきた達成感や、その経験をしたことで得ることがありました。
きっと新しい自分に成長できていると思います。

今回は偉そうに語ってスミマセン。(__)

なので、もし今この症状で毎日潰されそうになっている方がいらっしゃいましたら、負けないで欲しいと思います!!

このメッセージを受け取ってくださったことに感謝いたします☆

ありがとうございました(*^_^*)

momotaro-

コメント

タイトルとURLをコピーしました