★大丈夫‼あなただけじゃないよ★

現代増えつつある
・自律神経失調症
・パニック症
・うつ
・不安障害 などの
精神疾患を経験して、私の実体験や現在回復までの道のりについて。

また、私自身のこれからの健康管理に向けて様々なチャレンジをしたり、
生活に関するお話をしているブログです。

(40)【パニック発作】気力だけではどうにもならんのよね。

スポンサーリンク

いつもありがとうございます☆

momotaroです(´∀`*)

お身体の調子はいかがでしょうか?強い雨が続くと気圧や湿気の影響で身体がなんかだるいですよね(u_u)

今日は、パニック障害でもがいてた時のお話をしようと思います!

パニック発作が起こると発作がまた起きたら💦といった恐怖に襲われて楽しかったことも不安にかき消されちゃいますよね( ;  ; )

 

ムカつきますよねーーーW(`0`)W

 

私もね、出掛けたい気持ちはあっても気分が乗らないこと沢山ありました。今ではだいぶ出れるようになりましたが、まだね〜時々ダメになることもあります。

 

初めは人に付いてきてもらった方が安心することもありましたが、後に一人で行動した方が良い場合もありました。

 

なぜかというとね、妹は車の免許がなくて私が発作や体調が悪くなると正義感みたいな思考が邪魔をするんです。

 

私が倒れたら、車はどうしよう…妹は帰れない…など。

 

逆に親と出かける時は、調子悪くなっても運転を代わってもらえるといった安心感が自然とあったのです。

 

案の定、出掛けた先で発作が起こり休み休みで死にかけながら、無事帰ってきたことがあります。

 

その時もね、楽しみにしていたタピオカのお店に行こうとしていたのに、だんだんと雲行きが怪しくなってきて気圧の低下と共に体調がすごく悪くなってしまったんです。

 

とても楽しみにしていたのですが、気持ちは行く方向に→あるものの、身体は帰る方向に←っと心と身体の連携が取れておらず、チグハグ状態でした。

 

ギリギリまで迷ったのですが、このままでは危険だと思いその日は行けないことを伝え、帰って休むことにしました。

 

ん、なら行くなよ❗️っと普通なら言われてしまいそうなところですが、

 

パニック障害やうつ病を回復していくには、その日の心や身体の調子・天候や気温が違うため身体が振り回されてしまうことがあります。

 

自分のセンサーが通常より、敏感に反応しがちなので、外的・内的な不安や緊張などのあらゆる面からの刺激にも耐えられなくなってしまいます。

 

当時の私にはその一つに、正義感というものが生まれていました。

 

親のこと、自分の周りの人のことや悩み、問題など…

 

そうです。

 

自分を差し置いて…

 

 

皆さんは日常生活の中で知らないうちに自分を縛りつけてしまっていませんか?_(┐「ε:)_

 

他人にフォーカスしすぎて自分自身を後回しや置き去りに。

 

あなたには正義感が邪魔していませんか?

 

ムリな時はムリ!

ダメな時はダメ!

不安や恐怖に襲われそうだと思ったらNOと伝えて早めに休んでみてください(╹◡╹)☆★☆

 

そのようなストレスを受け続けてしまうと、悪いちりつもになってしまいますからね_(┐「ε:)_

 

簡単そうに見えて、難しいこと。

それは自分自身と向き合うこと。

私たちはつい動きすぎてしまい、休むことを忘れがちです。

 

休むことも仕事ですからね♡♡♡

 

 

読んでいただきありがとうございました☆

momotaro-

コメント

タイトルとURLをコピーしました